正規表現 次の一歩

開催概要

開講日時

2017年1月28日(土)13:30~16:30(3時間/途中休憩15分含む)

講師

道広勇司

定員

15名(先着順・要申し込み)

会場

東京・亀戸 カメリアプラザ
(東京都東京都江東区亀戸2-19-1 JR亀戸駅より徒歩徒歩2分)
アクセス

受講料

4500円(当日会場にて支払い)

申し込み方法

お申し込みは以下のフォームより受け付けます。

講座の内容

この講座は,正規表現の世界に一歩足を踏み入れた方が,さらにもう一歩踏み込むためのものです。「はじめての正規表現」の続編という位置づけです。

まず,初歩の知識を整理しながらさらりと復習します。必要に応じて,少し詳しい説明も行います。そして,後方参照や先読み,あるいは文字コードによる文字指定といった便利な道具を導入します。

次に,さまざまな検索・置換を実現するための検索パターンを考えていきます。

いくつかのツール(「はじめての正規表現」受講生に配布した汎用テキスト処理プログラムを含む)のデモも予定しています。

この講座では,「はじめての正規表現」同様,受講料にはフォローアップも含んでいます。講座の最後に問題をお出しするので,解答を11月末日までに提出してください(任意)。講師が添削してお返しします。その間,質問などもメールで随時受け付けます。

講座内容について,事前にご要望をいただければ考慮いたします。

対象

  • 「はじめての正規表現」を受講し,内容を70%以上理解した(とご自分で思われる)方。
  • 「検索パターン」「マッチする」「メタ文字」「グルーピング」「最長一致」といった用語の意味や,. ? + * [ ] [^ ] ( ) ^ $ | といったメタ文字の大半の意味・用法がだいたい分かる方。

「はじめての正規表現」の内容を100%理解していることを求めてはいないため,簡潔な復習という形で講座の内容が一部重複することをご了承ください。

講師紹介

道広勇司

道広勇司(みちひろゆうじ)
1968年(昭和43年)兵庫県加古川市生まれ。
1995年〜2000年,技術雑誌編集者・記者。編集部に DTP を導入し,1997 年4月号から誌面制作を完全内製化。以後,組版の自動化と品質の両立を目指す。フリーランスの編集者・記者・組版オペレーターを経て,2005 年より制作会社にてウェブ・印刷物の制作およびシステムの設計・開発に従事。
2001年,文字・組版・印刷をテーマにしたサイト moji を公開。2006年より「もじもじカフェ」,2010年より「文字の学校」の主催者の一人。
文字・組版・印刷・視覚・言語などに興味を持つ。「印刷情報」「gcj」「WebSite Design」「PREMedia」などの雑誌に記事を書く。

正規表現 次の一歩

正規表現の門をくぐった方のための初級講座
今回も課題の添削・フォローアップ付き!
はじめての正規表現
  • 以下は終了した講座です
  • 編集者・組版者のための 1+1,CO₂ から始める数式組版
    InDesignで正規表現
    大熊肇の組版道場
    実践! ブックデザイン塾
    トップページ お問い合わせ