イラン南東部地震の医療救援のお願い(転載)

イランへの扉 > 2003年イラン南東部大震災 > イラン南東部地震の医療救援のお願い
【注意】本ページは記録として残しておきますが,新たな医薬品等の受付は既に終了しています。本件に関する詳しい情報は下記をご覧ください。
 ⇒大阪外国語大学 ペルシア語専攻 > イラン南東部地震について
○アーレズー・ファクレジャハーニーさんのメッセージをここに転載します。文章は改変していませんが,読みやすくレイアウトしました。
○末尾に 大阪大学・中村安秀 教授のコメント を添付しました。
イラン南東部地震の医療救援のお願い
2004年元日配信
アレズ・ファクレジャハニ
iran_bam2003@yahoo.co.jp
 
 2003年12月26日にイラン南東部で発生した大規模地震による被害は、拡大する一方で、12月31日現在、既に埋葬された人が28000人、死者は5万になる模様で、負傷者数万人という未曾有の被害報告が出ています。現地からの報告によると、被災地一帯の病院だけでなく、首都テヘランの病院にも次々に患者が運び込まれています。
 そのような中で、12月27日、テヘラン医科大学附属「イマーム・ホメイニ病院」の救急センター長カービアニ医師(Dr. Ahmad Kaaviani)から、私(アレズ、現在、東京工業大学大学院博士課程留学中)の妹(エルハーム、現在大阪医科大学留学中)のもとに、手術後に必要な抗生物質や点滴用のチューブ・セット、骨折患者の手術道具と手術後のコルセット等(詳細はリスト参照)が不足しているという知らせが入りました。(救急センター長カービアニ医師は、妹がテヘラン医科大学附属に勤務していたときの上司でした)祖国での悲惨な状況に対して、私たちにできることは何かについて妹と相談した結果、テヘラン医科大学附属「イマーム・ホメイニ病院」の救急センター長から届いた情報を皆様に公開し、不足している医薬品等を提供していただける方々とイマーム・ホメイニ病院との間を取り持つことだという結論に至りました。
 以下のリストにある医薬品を寄付していただける方々がいらっしゃいましたならば、iran_bam2003@yahoo.co.jp [日本語可]にご連絡いただければ幸いです。(なお、低価格でご提供いただける方もご一報いただければ幸いです。)
 なお航空輸送費は在東京イラン大使館が負担し、通関等の業者は、こちらでご紹介いたします。(医薬品の量にもよりますが、通関手数料は数千円程度ですの、あわせてご寄付いただけると大変にありがたいです。)
 医薬品は地震による負傷者が治療を受けているテヘラン医科大学「イマーム・ホメイニ病院」救急センターに届けられるように私たちで、手配いたします。
★ここまでのプロセスをまとめると、以下のようになります。
  1. 医薬品ご提供に関する連絡が届く。
  2. 現地での必要数などを確認した上で(時々刻々と必要品が変化しますので、念のために確認をいたします)、通関業者の連絡先をご紹介する。
  3. ご寄付いただく方が、直接に通関業者に連絡の上、医薬品を発送する。
  4. 通関業者に医薬品が届いたことが確認できた時点で、再度ご連絡をいただく。
  5. イラン側でイマーム・ホメイニ病院へ運搬する人を、私たちが手配。
  6. イマーム・ホメイニ病院に医薬品が到着したことを確認後、ご報告いたします。
☆なお、私たちの力には限りがありますので、医薬品提供のお申し出は、1月12日で締め切らせていただくことにしたいと思いま す。
必要な薬品名12月30日現在
原文にはここに医療器具名・薬品名が書かれていましたが,このリストには現時点では不要な物が含まれており,無用の混乱を避けるため,ご本人の申し出により削除しました。
最新情報については必ず下記をご覧ください。
大阪外国語大学 ペルシア語専攻 > イラン南東部地震について
(2004.1.6 転載者)
テヘラン医科大学附属イマーム・ホメイニ病院
 首都テヘランにある病院で、最大級の病院でベット数1000台あまり。ヘリポートがあるために、緊急の患者はすべてこちらに運び込まれている。地震発生から48時間の情報によると、テヘラン大学の3つの付属病院だけで、運ばれた患者数は、イマーム・ホメイニ病院225名、 イブンシーナ病院136名、シャリアティ病院110名となっています。
この呼びかけに賛同し、医薬品をすでに提供してくださった機関
呼びかけ人
アレズ・ファクレジャハニ(東京工業大学博士課程)、エルハーム・ファクレジャハニ(大阪医科大学博士課程)
賛同者
板垣雄三(東京大学名誉教授)、臼杵陽(国立民族博物館)、大野元裕(中東調査会)、黒木英充(東京外国語大学)、酒井啓子(アジア経済研究所)、桜井啓子(学習院女子大学)、高橋和夫(放送大学)、谷川允彦(大阪医科大学)、竹原新(大阪外国語大学)、Zahra Taheri(東京外国語大学)、柘植元一(東京藝術大学)、長沢栄治(東京大学)、野元晋(慶應義塾大学)、橋爪大三郎(東京工業大学)、羽田正(東京大学)、森本一夫(北海道大学)、山岸智子(明治大学)
 
次に掲げるのは緊急支援活動の専門家である大阪大学大学院 人間科学研究科の中村安秀 教授によるコメントです。(コメント文提供はアーレズーさん)
医薬品は、抗生剤、破傷風トキソイド、手術用医薬品など適切なものだと思いました。初期は外傷が中心ですが、すぐに肺炎などの感染症対策が重要になり、そのうち、軽度の睡眠剤などのメンタルケアの薬が足りなくなります。(これは、阪神淡路大震災のときもそうでした)
イランへの扉 > 2003年イラン南東部大震災 > イラン南東部地震の医療救援のお願い
ページトップへ